脱毛の種類とメリット、デメリット

多くの女性が手間をかけているのがシェイビングだと思います。
自己処理を毎日している人もいると思いますが、手間がかかったり肌に負担がかかるなどでエステ店を利用することを考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、エステ店でも様々な脱毛の種類がありどの脱毛方法を選ぶか迷ってしまう人もいると思います。

そこで、今回は脱毛の種類とメリットやデメリットを紹介したいと思います。


1つ目は、ニードル脱毛というものです。
毛穴1つ1つに針を差し込み電流や高周波を流し毛根を焼くという方法なので永久性が高いのが特徴です。

しかし、時間がかかることや痛みが伴うことがあります。

2つ目は、ワックスを使用したものです。

温めた専用のワックスを脱毛範囲に塗り固まったらはがすという方法です。

古い角質も一緒に取れるため透明感ある肌が期待できることや光には反応しない産毛にも対応できます。

しかし、複数の毛を一気に抜くため痛みを伴います。また、肌が弱い人は注意が必要です。



3つ目は医療用レーザーを使用したものです。

肌にジェルを塗りレーザーを当てて処理をしていきます。



照射エネルギーが大きく広範囲のためニードルや光を使用したものに比べ短時間でできます。
また、医療機関で行うため万一肌にトラブルが発生したときにもすばやく対応してもらうことができます。

最後は、光を使用したものです。
レーザーと方法は同じですが、レーザーに比べ照射エネルギーが小さいことが特徴です。そのため痛みが少なくエステ店によっては、低料金でできることもあります。



しかし、レーザーに比べ効果が得られにくいこともあるようです。このようにそれぞれメリット、デメリットがありますので自身の肌の状態や料金を比較し選んでみると良いかと思います。