Skip to content

カラス退治の有効な方法

カラス退治を図る前に知っておきたいことは、カラスは野生動物に区分されるため、「鳥獣保護法」という法律で守られており、地域の自治体の許可なしに、捕らえたり傷つけたりできないということです。そのため、カラス退治の具体的な方法とは、「カラスを追い払う」の1点のみとなります。カラスの主な被害箇所と被害内容としては、住宅のゴミ収集所におけるゴミ袋の食い荒らし、ベランダや庭などに飛来して鳴き声の騒音や、巣を作りフンなどの被害が一般的です。いずれも、それぞれのスポットに見合った対策、防御策が必要となります。

まず、ゴミ収集所の対策は、地域や自治体への協力も必要となりますが、防鳥ネットを張りめぐらせること。これにより、カラスはもちろん、ハトやスズメ、ネコなども入りにくくなります。また、テグスを地面に設置するだけでも嫌がるので有効です。あとは、ゴミ袋を透明のものから、中身の見えない黒色などにするということ。

カラスはにおいではなく目でエサを認識できる生き物です。そのため、エサが外から丸見えな透明・半透明のゴミ袋をやめて、色付きにして見えなくすることで荒らされにくくなります。最初の数週間は、以前までの慣習で飛来してゴミ袋をあさりますが、何度も追い払っているうちに、ゴミ袋に入っていることを忘れて来なくなります。ベランダの対策・カラス退治に関しては、乱雑になりがちなベランダを片付けるのが一番簡単です。

レジャーグッズ置き場になっていたり、洗濯ばさみ入れやハンバー入れなど、隠れ家にしやすいスポットを作らないようにしましょう。もし気になるのであれば、飛来する箇所に防鳥ネットや忌避剤を設置するのも有効です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です