Skip to content

完全なネズミ駆除は素人には難しい場合があります

ネズミ被害は全体的に減ってはいるものの、地域によってはいまだに被害が増加しています。一昔前のネズミ被害といえば下水管から這い上がってくる大型のドブネズミが多数を占めていた時代があります。しかし住宅が高層化した現代社会では高所での移動が得意なクマネズミの被害が増加しています。警戒心が強く、侵入されても気が付かない事があるので、被害が拡大してしまうケースも少なくないです。

キッチンの食べ物が移動していたり、かじられていたら侵入している可能性が高いです。駆除するには一般的に殺鼠剤や粘着シート、忌避剤等を利用しますが、利用の仕方にコツがあります。周囲の状況が少しでも変わると警戒心が強まり、殺鼠剤や粘着シートに近寄らない事があります。通り道を見つけて違和感なく設置する事が必要です。

そして天然ハーブ等を主成分とする忌避剤は根本的な解決にはなりませんが、驚かせる事で一時的な追い出し効果が期待できます。そして最重要ポイントとなるのが出入り口の発見です。キッチン等の水分で朽ち易い部分にネズミが作った穴がないか小まめに点検する事が必要です。見つけた場合は金網等でしっかり塞いでしまえばその場所からは侵入する事ができなくなるので安心です。

しかし古い木造住宅の場合は外壁の亀裂や隙間が多く、侵入経路が多いので、多数の出入り口がある可能性があります。特に部屋数が多いと全ての穴を塞ぎきれない事もあります。駆除期間が長引けばその分費用も増えてしまいます。しかも食中毒の原因となるサルモネラ菌を保有し、ダニ等も撒き散らし続けます。

家族の健康を考えれば、躊躇している時間はないです。早急に専門の駆除業者へ相談する事が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です