Skip to content

一軒家に出来た蜂の巣を駆除する際の注意点

住宅の敷地内に蜂の巣が出来た場合、蜂に刺される被害が生じると敷地の所有者が責任を負うことになります。そのため、トラブルを回避するためには速やかに巣を駆除することが大切です。その一方で蜂の巣には大量の蜂が住み着いていることから、危険を避けるために必ず専門の業者に依頼するように心がけます。特に一軒家の場合、人の手が届かない軒先に巣が作られているケースが多数を占めます。

蜂の攻撃を受けずに安全に駆除作業を行う必要があるので、住宅の内部を業者が行き来することになる点を理解することが大切です。また、蜂の巣が作られる場所は蜂にとって居心地が良い環境であることが多いので、複数回に渡って巣が作られる可能性があります。蜂に巣を作らせないようにネットなどで軒先を覆うなどの予防策を講じることも被害を防ぐ工夫の一つです。一軒家は蜂などの虫にとっては遮蔽物が多く、気候の変動の影響を受けにくい環境なので軒先以外にも巣が作られるケースがあります。

屋根裏や床下などの空きスペースだけではなく、蜂の種類によっては腐食した建材に出来た空洞に巣を作ることがあるので駆除作業が難航する点を注意する必要があります。建材そのものを入れ替える必要が生じることもあるので、日頃から蜂が侵入しないようにこまめに点検を行い、異常が確認された場合は速やかに対処するように心がけます。住宅は家族全員が安心して生活する場なので、蜂の巣を作らせないように用心することが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です