Skip to content

蜂の巣駆除の必要性と薬剤を使用する際の心得

蜂の巣は住宅の軒下や樹木の枝の間のように人目につきにくい所に作られることが多く、気付かないうちに巣に近づいて蜂に刺されてしまうことがあります。蜂に刺される被害が生じると巣が作られている敷地の所有者が責任を負うことになるので、速やかに駆除を行う必要があります。蜂の巣駆除は専用の薬剤を散布して蜂を弱らせてから作業を行うのが一般的な方法ですが、作業中は巣に近づかないように注意します。特に蜂の種類によっては薬剤への耐性が強く、作業中でも頻繁に刺してくることがあるので作業従事者以外は必ず遠くに離れておきます。

また、蜂の巣の中にも成虫が多数生息しているので、すべての作業が終わった後でも巣を触らないように心がけます。駆除作業に使用する薬剤は人体に有害な成分が含まれている物もあるので、事前に近隣住人に連絡しておくことがトラブルを回避するための心得です。また、ガーデニングで育てている花や野菜に薬剤が付着すると場合によっては枯れてしまうこともあるので、特に注意が必要になります。自宅の敷地の外に薬剤が飛散しないように、事前にカバーなどで蜂の巣を包囲してから駆除作業を行うのが効果的ですが、巣の大きさや風の強さなどによってはカバーが使用できないこともあるので、周囲の環境に悪影響を与えないように慎重に作業を進めることが大切です。

蜂の巣駆除は地域の安全を守るために必要な作業ですが、使用する薬剤は環境に被害をもたらすこともあるので必ず正しい使い方を守るように心がけます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です